夏海のお部屋~虹の架け橋~

-うつ病からの凸凹復活記- 検索萌えでどこまでいけるかな

憧れや 夢を 憧れや夢のままで終わらせないために 2

こちらの記事の続きです。

natsumi-no-oheya.hatenablog.com

 

静かな興奮

で、『かこさまサロン』に行った時に芽生えた静かな興奮を書いた記事はこちらです。

natsumi-no-oheya.hatenablog.com

 

静かな興奮 という言葉を使いましたが、

時と共に冷めてしまう熱病的なものではなく、

ちょっと変な表現ですが、地に足が着いた状態で興奮したんです。

 

『かこさまサロン』で体感したものを自分の生活に どのようにしたら取り入れられるのか?

 

キーワードは、

私が 私を 大切に扱う です。

 私の居心地を考えて私を大切にして、

『この程度』というような 手を抜いた扱いをしない。

 

一番始めにしたことは、『この程度』の扱いをしていた ゴワゴワのタオルを捨てることでした。

その為に、私が毎日気持ち良く使えるタオルを私が納得行くまで探しました。

 

『この程度』という妥協はせず、今の私にできる精一杯の という

自分で納得できるものを 沢山のタオルを触って確かめて買いました。

 

夢や憧れに近づく第一歩

『萌えコン』の講師のひとりの まみ@やじるし屋さんが セッションの時に言う言葉があります。

『萌えコン』のゴリヤクセミナーでも言っていた言葉、

 

では、その為に 何をしますか?

 

例えば 『幸せ』を感じられない

例えば 『萌え』など感じる心の余裕がない

を 解決したいなら、

幸せを 萌えを 日常的に感じる生活をするために、

その 第一歩として 1週間以内ですぐできる カンタンなことは 何ですか?という質問です。

 

これは 心理学用語では 『行動課題』と言います。

 

新しい生活を始める、

新しい習慣を取り入れる、

『今まで』とは別の変化を伴う第一歩として、

行動できるようなカンタンなものを本人に考えて貰い、実行して貰うというものです。

 

大きな一歩ではなく、ほんの少しだけ 変化を取り入れる為に行う行動。

 

変化への スイッチを入れる為の行動が、

私の場合は お気に入りのタオルを妥協しないで手に入れること だったんです。