読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏海のお部屋~虹の架け橋~

-うつ病からの凸凹復活記- 検索萌えでどこまでいけるかな

『痛み』と『感情』 その4

これは、2014年8月31日にアメブロにアップしたものです。

記事内で紹介しているリンク先(関連記事)は、以下の通りです。

  1. 『痛み』と『感情』 その1 - 夏海のお部屋~虹の架け橋~
  2. 『痛み』と『感情』 その2 - 夏海のお部屋~虹の架け橋~
  3. 『痛み』と『感情』 その3 - 夏海のお部屋~虹の架け橋~

 

当時の私は苦しみの真っ最中で、

そこを抜けるには自分だけでは無理だということを知っていたので、

堂々巡りから抜ける為にと、色んな方面の方の助けを借りていました。 

 

読み直してみて、色んなことを忘れてるなーって改めて思いました。

 

f:id:natsuminooheya:20161115065643g:plain

 

>今日から 部屋の片づけをしようと思ったけれど、

夜に外出するのと、ネムネムなので昼寝をしてしまおうと思う。
↑ 結局 片付けは 後回し

ネムネムだけれど、どうしても気になるので、

最後の記事を書き上げてしまおうと思います。

まずは こちらの記事からご覧下さい

痛み と 感情 by 【ちっちゃな夏海のお部屋】 夏海

(・・・最後まで 記事を書いて、結構特殊な 不思議ちゃんな内容になりましたが、あきれずにお付き合いください

さて、私は神様の親戚です への布石として。。。

私の祖父は 『視える』人でした。伯父も 従兄弟も。
そういう血筋だと思います。そして私も。

私は中途半端なので 『感じる』程度で、そして 霊媒体質。

つまり 貰っちゃうのです。
生きてる人からやら 死んでる人から。

『念』と言うもの は、生きている死んでいるに関わらず存在するもので、
だから 生きている人からさえ貰っちゃうんです

私は この『貰う』性質を何とかしたいと思っていました。
じゃないと 『こころ』を扱うと 貰っちゃうので(苦笑)

まだ 記事に書けていませんが、まみ@やじるし屋さんのセッションで、

私は『箱』だと言われました。

『自我』と言うものがない 空っぽの箱。

それは、3つの家庭でたらいまわし的に育てられたので、

『自我』を持っていては自分の身が危ういと感じてしまったから 

だということが判明しました。

 

3箇所の家に行き、

『そこ』の色に染まらないといけなかった

 

 

『そこ』の色に染まらないといけない私に 

『色』が存在していてはマズかったのです

そこかーーー!と頭を抱えました。そして。

たまちゃんに同じことを伝えると、たまちゃんはこう言いました。

凄いですね!巫女 なんですね!!

へっ?! 巫女?

神様の使いとして存在する、神聖な 巫女 だったんでしょね!!

人間の中において、神様に近しい存在の巫女 だったんですよ!!

もう へっ????!!!! でしたが、

2ヶ月前になるかな?


ダナ片山さんの中の人セッションを受けて、

私の『中の人』は、神様と妖精だと言われたことを思い出しました。


神様は、ギリシャ神話に出てくるような 人間っぽい神様で 

ちょっと浮世離れしている。

妖精は、木々や風や空など、精霊に近い感じ
だって。

どっちが 優位かって言うと、妖精が優位で、

楽しくなさそう って、そう診断されました。

たまちゃんに その話をしたら、やっぱり人間が苦手なんですよ(笑) って。

何だか すごく納得しました。

そしたら、私は もう少し自分の直感を信じても良いのかも って思いました。

自分の直感に もう少しプライドを持っても良いのかも~って。

そうたまちゃんに伝えて、あれあれ?って思いました。


私は 何一つ変わってなくて、

自己評価も上がってないのに、プライドって持てるもんなんですね!!

そうたまちゃんに伝えると、

自己評価 じゃなくて、自己認識が大切 って言われました。

そうか

自己評価 の前に 自分を認識する作業が大切で、

自分が 本当は何を持っているのか?を知るのはとても重要。

たまちゃんのセッションの前までは、

私の『空っぽ』の依り代体質って 最悪の欠陥だと思っていたのに、

大切にすべき 産まれて来る時に与えられたギフトだってことを 

自分で認識することができました。

そうか。
だからか~って楽しくなって、
じつは。。。って笑いながら話をしました。

生きている人は 本音と建前があるけれど、

死んでいる人には 『真実』しかないし、駆け引きもしない。

だから、生きている人の方が 苦手だったんです~って(苦笑)

って言ったら、本質的なものが見えてきました。

だったら、生きている人に対して好かれようとしなくても良いんじゃない?

だから、無理して頑張る必要なんてないんじゃない?

そう思えました。


だって、死んでいる人は 私に対して正直にぶつかってくるのに、

正直にぶつかって来ないような、生きている人の方がおかしい。

そんな、『私に対して正直じゃない人』の為に

私がご機嫌を取ったり 

理解しようと一生懸命頑張る必要なんてないんじゃない?って。

何かね、目が醒めた思いがしました。

もう一つ たまちゃんがくれた言葉がありました。

夏海さんは 巫女なんだから、神聖な存在なんですよ。

そうか。。。神聖な巫女なんだ。

じゃぁ、神聖な私を汚す人には近づかなくても良いんだよね。

神聖な私が神聖じゃなくなる場所へは 近づかなくても良いんだよね。

私の神聖さ は 私が守らなければならないから、

私を汚す人は、近寄らせる必要はないし、そんな場所へ近づく必要なんてない。

前回のまみさんの 私の中に伊勢神宮を持てって言われたこと が、

ようやく腑に落ちました。

スカイプセッションの終わる時間が近づいてきたので、

行動課題を何にするのか?を決めます。

では 夏海さんが神聖でいられるには、

次のセッションまで どう過ごせば良いでしょうね?って聞かれて、

私がご機嫌であれば 良いって そう思いました。

ご機嫌・・・・ そう 歌っていられるような。

いつでも 私が歌っていられるようなご機嫌な状態であれば良い

その為には、

何か言われた時には、私が歌ってご機嫌な状態でできることなのか? と 

自問自答しながら決めること

それを 行動課題に決めました。

結構 お花畑な話になりましたが、

次の記事で みなさんが使えるような内容にして お贈りします。

続きは こちらから

痛み と 感情 ~ こころの中の聖域 by 【ちっちゃな夏海のお部屋】 夏海

 

f:id:natsuminooheya:20161115065643g:plain

 

ツイッターやってますドキドキ

コスモスhttps://twitter.com/natsumi_hime

(3箇所にあるブログのそれぞれの記事は こちらでお知らせしています)

 

不定期ですが、メルマガもやってますドキドキ 

毎回ドキドキしながら送信していますw

 

ご登録はこちらから下矢印


クリックして頂けたら 励みになります ↓


人気ブログランキングへ