夏海のお部屋~虹の架け橋~

-うつ病からの凸凹復活記- 検索萌えでどこまでいけるかな

行動することの意味 2

こんにちは(^_^)

富山県在住 南砺市アイ語る師

夏海のお部屋の夏海です。

 

今から書く記事は、こちらの記事の続きです。

 

natsumi-no-oheya.hatenablog.com

 

案ずるより産むがやすし

 

案ずるよりも産むがやすし

 

記事の最後にそう書きました。

 

先月の移住者の懇親会で

新規移住者の方のお話を伺って改めて思いました。

 

私が住んでいる富山県南砺市には、

公的な移住推進課と言うものがあります。

 

そこで紹介された施設がありますが、

それは、移住希望者のための体験ハウスと言う宿泊施設です。

 

一泊1人1,000円と言う安い金額で宿泊することができ、

1人最長30日間宿泊することができます。

 

南砺に暮らしません課 と言う名前の移住推進課の方の話によると、

そこで暮らす1ヵ月の間に、

住む家を決めたり

就職先を決めるなど、

そんな風に使うことができると言うお話でした。

 

 1日1,000円、1ヵ月30,000円で

電気代、水道代、ガス代

それらが全く必要なく暮らすことができる家。

 

電子レンジや洗濯機など、

生活に必要な家電は揃っており、

自炊が可能な家として使える宿泊施設。

 

富山県南砺市には、

その体験ハウスが3棟(うちひとつはふた家族が宿泊可能)あります、

 

f:id:natsuminooheya:20180621152553j:image

(去年のGWに宿泊した体験ハウスin五箇山です)

 

そこに1カ月間ただ生活する体験をしただけ

と言う家族の話も移住前に聞きましたが、

体験ハウスに本当に引っ越してきたと言うのは、

おそらく先月移住してきたその家族が

体験ハウス史上初めてなのではないかと思います。

 

仕事もない、住所も不定。それでも

 

住所不定

無職。

 

移住を決めた直後に

体験ハウスに引っ越しをするという事は、

そういうことです。

 

それをやってのけた強者がいました。

 

南砺市に住みたい!その情熱を地域住民の方が支え、

住所不定、無職のまま家を借り、

築100年の古民家に移住することができました。

 

それも独身一人暮らしではなく、

お子さんがいる一家でです。

 

f:id:natsuminooheya:20180621153633j:image

f:id:natsuminooheya:20180621152210j:image

 

私も離婚直前に、

全く知らない場所に一泊二日で出掛けて

家を探して賃貸契約を結んだ経験があります。

 

離婚した後の2回の引越し(正確に言うと3回)は、

全部無職で、就職の予定もない状態でした。

 

前出の記事『その1』で、私に自由で良いなぁと

だけど自分にはできないと言った人の

自分にはできない理由は、

自分は男で、旦那さんがいないから でした。

 

私から見ると、

その人が持つ資格があるならば、

日本中どこに行っても就職に困らないから、

逆にどこだって自由に選んで移住できるのにって思いますが、

その人は、自分にはそんな能力はないと言っていました。

 

本当は誰にでもできるのに。

 

実現しないと思ってしまうのは幻で、

実現しないのは、

行動を、行動していないのに恐れているから。

 

失敗する未来しか描けないから怖い。

怖いから決断できない。

 

では、夢を叶えたかったらどうしたら良いって思います?

 

長くなったので、次の記事でまとめたいと思います。

 

夏海のお部屋 インスタやってます(*^^*)

【試運転】こんどの週末に部落の草刈りがあるので、譲り受けた草刈り機の試運転で、家の周りの草刈りをしてくれました❤️ 名古屋市生まれ名古屋市育ち色んなことが初めましての夫ですw#富山県 #南砺市 #移住生活一年目 #初心者 #初体験 #試行錯誤中 #初めまして #日々の暮らし #農業研修 #あんぽ柿 #福蜜柿 #アスパラ #どんどん色黒にw